”クローゼット便秘” を解消し、スッキリ快適なクローゼット環境を整えましょう! <Vol.4>

こんにちは。
クローゼットコンシェルジュの神田留理子です。
訪問いただきありがとうございます。

4日目の今日は、昨日に引き続き整理の方法2つ目のご紹介です。

「クローゼット環境を整えるために、溜め込んだ不要なモノを減らす」〜整理編〜

【整理②】◆「アイテムごとに分けて」適正量を把握し、必要・不要を判断する◆

<<判断のポイント>>

洋服や、食器、アクセサリーなど「可愛い!」と思って無作為に買っていると、どんどん増えていくものです。同じようなデザインや用途のモノがあれば必要な数を残して手放しましょう!
※必要な数とは・・・
そのアイテムが何か、洗濯は何日置きにするのか、家族構成は?などによって異なってきます。自分や家族のライフスタイルや、ライフパターンによって適正は何枚、何着なのか必要数を知ることが大切です。

<<作業手順>> アイテムごとに実施します

①1か所にすべて集めます。

②そのアイテムごとの必要数をライフスタイルや、ライフパターンにあわせて決定します。

③②で決めた必要数を残して、ほかは廃棄します。

例)
アイテム:インナー用にあったら便利と購入し、溜まりがちなキャミソールやタンクトップ
必要数の決定:同じ色は3着まで残し、それ以上は不要
       1年以内に着用していないインナーは不要(整理①のポイントも活用)

    ⇓

 

小さなスペースからLets Training!(本日のお題)

・洗面台の下や、台所のシンクの下、食器棚、タオルや下着の収納場所など、1か所を選んで必要数を考える練習をしてみましょう!

例えば・・・バスタオルの数
 ・家族構成:夫婦、小学生の子供2名
 ・使用頻度:毎日入浴、1回使用したら洗濯する習慣の場合
 ・洗濯の頻度:2日に1回
 必要数・・・洗い替えのことを考えたらも一人3枚で十分なので、合計12枚と決める

それ以上は不要と考え、古いものから雑巾に降ろすなどしてから廃棄すると良いです。

この機会にぜひ、適正数をご自身の家庭の場合はどうなのか、一度考えてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。
明日もご訪問お待ちしています♬

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です