”オフィスカジュアル”っていうけれど・・・何を着れば良いの?!

スカート:ANAY
ブラウス:Closet Bar
トレンチコート:BOSH

こんにちは。
訪問いただきありがとうございます。
クローゼットコンシェルジュの神田留理子です。

フルタイムで会社勤めの女史には聴き慣れた「オフィスカジュアル」という言葉ですが
抽象的すぎて「何着ていけばいいの?!」って感じですよね。

実は、入社したての女性社員に聞かれる質問で一番多いのが
「この格好はOKですか?」「◯◯は大丈夫ですか?」など、ドレスコードについてです。

私が新卒で社会に出た頃は「制服」を導入している企業が多く
出勤したら着替えればOKなので、着ていく服で悩むことはほとんどありませんでしたが、ここ数年(いや10数年・・・笑)は様々な職場で制服がなくなり、「オフィスカジュアル」というドレスコードが多くの職場で多用されるようになりました。

オフィスカジュアルの考え方や基準は、会社によって異なりますので、私のコーデが
「うちの会社は、その格好はNG!」という方は参考にならなくてごめんなさい(汗;)

私の職場は割と自由なほうで、デニム、ショートパンツ、ノースリーブ以外はOKです。その日の予定によってはジャケット着用が必要なときはありますが、
私は肩がこるので、仕事で必要なときやコートの代わりに羽織るコーデ以外はジャケットを着ることは少ないです。

そもそも、、、「オフィスカジュアル」って何なのでしょう?!

この抽象的な表現が、世の中のOL達を毎朝
「今日、何着て行こう・・・」とクローゼットの前で悩ませていると思うのです。

着たい服をそのまま着ていけないストレスとともに
大人女史のマナーとして
「下品に見えないかな?」
「派手すぎて悪目立ちしないかな?」などと悩み考えてしまうものです。
(たまにいる、全く気にせず、下着見えるギリギリのスカート丈の子などにはビックリしますが。。。)

そこで「オフィスカジュアル」のドレスコードの範囲で、コーディネートを考える際、最低限考えて欲しいマナーをお伝えします。

*清潔感
シワ、シミ、汚れ、毛玉がついていないか
肌の露出が周りに不快感を与えるレベルではないか

オフィス環境の中で感じる不快感とは・・・
     「肩」「脇」が出ている
     「胸元の下着が見える」「胸の谷間が見える」
     「パンツが見えそうなミニ丈のボトムス」
     「ピチピチで体のシルエットが丸出しデザインの服」
     「素足」「生足」

*多少の”きちんと感”
ビジネスだけどカジュアルで良いということは、カジュアル過ぎは、ドレスコードから外れるということなのです。ジャケット、スーツ着用を必須にしていないのは、そこまでかっちりしていなくてもOK。
ジャケットの代わりの羽織ものがカーディガンになったり、ブラウス1枚になっても
きちんと感が残っていて、だらしなく見えなければ良いということです。

オフィス環境の中で感じるカジュアル過ぎとは・・・・
 ジャケット代わりの羽織ものが
    「パーカー」
    「スウェット(生地含む)」
    「Gジャン(デニム生地含む)」のコーデです。

私は、ラフになりすぎないように綺麗めを意識したアイテムで、自分の骨格に似合うスタイルで揃えるようにしています。骨格にあった洋服は自分を一番綺麗に見せてくれますので、人に与える印象も良いという効果があります。また、自分の似合うラインの鉄則に従って組み合わせを考えればOKなのでコーデを考えるのも楽です♬

 

パーソナルコーディネート診断で、あなたを綺麗に見せるための「スタイル」を発見し、そのルールに基づいた洋服の着方を知るとおしゃれが楽しくなります🎵

興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
実施可能日をカレンダーでご確認のうえ、お申し込みはこちらからお問い合わせください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です