カジュアルが似合わない女史が着こなすテッパンカジュアル

Tシャツ&デニムスタイル

 

Tシャツ:アダムエロペ
デニム:ディーゼル
ベルト:無印

こんにちは。
サイトへお越しいただきありがとうございます。
クローゼットコンシェルジュの神田留理子です。

パーソナルコーディネート診断「Xライン(Yライン要素あり)」の私は
カジュアルな洋服を着ると「運動会?」「町内会の掃除当番の日?」のように見えてしまいます。

そう知っていても、休みの日はカジュアルな格好もしたいのです。
ましてや、デニムを格好良く履きたい、スニーカーもおしゃれに履きたい。
そんな願望を叶える日のコーディネートです。

シンプルな白のTシャツを1枚で着こなしたいのですが、本当にシンプルなデザインだと
私のような「Xラインさん」は胸元が貧祖に見えてしまいます。
その場合、ストールを巻くなどがオススメです。
この日は暑かったので、Tシャツを胸元にデザインのあるものをチョイス太めのベルトをして目線が上半身に向くようにメリハリをつけました。

足元には、パンプスを合わせ綺麗めカジュアルにすることで、「運動会」「町内会の掃除当番」の雰囲気を遠ざけるうことができ抵抗感なく着こなせます。

しかし、買い物で長時間歩くので、この日はスニーカーで外出しました。

通常、このデニム丈で足首が見えないパターンだと足が短く見え、余計に「運動会」っぽくなりがちですが、この場合でも綺麗めのベルトの存在と、Tシャツをフロントインすることで、上半身をコンパクトに見せるという「Xライン」の絶対ルールを死守でき、足長効果もありスタイルよく見せることができます。

パーソナルコーディネート診断で、あなたを綺麗に見せるための「スタイル」を発見し、そのルールに基づいた洋服の着方を知るとおしゃれが楽しくなります🎵

興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
実施可能日をカレンダーでご確認のうえ、お申し込みはこちらからお問い合わせください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です